水中ワイド用レンズの第一選択は8-15mmフィッシュアイでいいの?

この記事は10分で読めます

Pocket

 

こんにちは、上出です。

 

今日は、

 

一眼レフで水中ワイドを撮るためのレンズ選び

 

について解説します。

 

 

特に今日考えていきたいのは、

 

大物を撮るためのレンズ

 

についてです。

 

 

水中ワイド用のレンズと聞くと、

皆さんはどんなレンズを想像されるでしょうか?

 

 

コンデジだったら「ワイコンをつけよう」

ということになると思いますが、

 

一眼の場合には、どうでしょうか?

 

 

おそらく多くの方が、

 

一眼で水中ワイドを撮るならフィッシュアイでしょ!

 

と、答えてくださるんじゃないかと思います。

 

 

僕もこれまで、

水中ワイド用に初めてレンズを買うという方には、

フィッシュアイをお勧めしてきました。

 

「The水中ワイド」という画が撮れますし、

APS-Cでも使いやすいレンズが揃っているので、

これからもそれは変わらないと思います。

 

実際僕が初めて買った水中ワイド用のレンズも、

Tokina AT-X107というフィッシュアイレンズです。

 

 

(Nikon D7000 + AT-X107 f9 1/250秒 ISO100)

 

 

このフィッシュアイレンズは今でもたまに使いますが、

現在僕がメインで使っている水中ワイド用レンズは、

「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」です。

 

なんでこのレンズを使っているのか、

このレンズを水中で使うとどんな特徴があるのか、

 

については以前別の記事で紹介しましたので、

よかったら見てみてください。

 

参照:ニコンのフルサイズで水中ワイドを撮る

 

 

さて、この記事↑を書いた時にはNikonから

フルサイズ用のイケてるフィッシュアイレンズが

発売されていなかったのですが、

2017年6月にようやく発売されました。

 

■AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED

 

 

Canonには元々フルサイズでも使える

フィッシュアイズームがあったのですが、

ざっくりいえばそれと同じようなレンズが出たという事です。

 

■EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

 

 

 

というわけで、NikonでもCanonでも、

APS-Cでもフルサイズでも、

フィッシュアイが使えるようになりました。

 

今後はこの2つのレンズが、

水中ワイド用レンズの第一選択になっていくのでしょう。

(Canonユーザーの方にとってはすでにそうでしょうが。)

 

 

ちなみに僕はまだ、

NIKKOR 8-15mmフィッシュアイを使っていません。

 

アンティスさんから、

対応のポートが発売されていないからです。

 

そのうち発売されるようなので、

早くしてなんて言わずに、

気長に待とうと思います。笑

 

 

 

では、本題に入りましょう。

 

ここからは、NikonもCanonも一緒に、

「8-15mmフィッシュアイ」としてまとめて話します。

 

このレンズ、NikonのAPS-Cで使うと、

35㎜版換算で「12-22.5mm」の画角になります。

 

※実際に使える焦点距離は約11-15mm、

35㎜版換算で16.5-22.5mmくらいのようです。

こちらの記事に詳しく載っています↓

参照:デジカメWatch

 

 

 

一方フルサイズで使うと、画角だけ見れば

15㎜の単焦点レンズを使っているのと同じです。

 

細かい話は省きますが、

8-13mmくらいは四隅がけられた状態で写るので、

実質ズームレンズとして使うことはできません。

(もちろん、円周魚眼としては使えます。

これもデジカメWatchの記事↑が参考になります。)

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

APS-Cで使う分にはある程度望遠側にズームできるけど、

フルサイズで使うと全くズームができない。

 

つまり、寄りづらい被写体、

例えばサメなんかを撮る時には、

 

8-15㎜フィッシュアイ+フルサイズだと

主役の被写体をちっちゃくしか写せない

 

ということです。

 

 

例えば、クジラなんかでもそうです。

 

ザトウクジラはご存知の通り、とっても大きいです。

 

個体によっては、体長15mくらいあります。

 

でも、先日ツアーを開催した奄美大島のクジラは、

なかなか寄って撮影することができませんでした。

 

体長10m以上のザトウクジラでも、

寄れないままシャッターを切ると、

案外小さくしか写りません。

 

これはAF-S NIKKOR 14-24mm で撮影した写真なので、

8-15mmフィッシュアイで撮影した画とは異なりますが、

14㎜で撮影するとこんな感じになりました。

 

(D850 + AF-S NIKKOR 14-24mm(14mm) f11 SS1/320秒 ISO720)

 

 

「ちっちゃ!」と思い、

あわてて望遠側にズームして撮影した写真がこちらです。

 

(D850 + AF-S NIKKOR 14-24mm(24mm) f11 SS1/320秒 ISO800)

 

 

実際、先日の奄美でのクジラ撮影では、

8割くらいの写真を24㎜側で撮りました。

 

もしD850+8-15㎜フィッシュアイで臨んでいたら、

クジラを米粒みたいにしか写せなくて、

かなり厳しい戦いになったんじゃないかと思います。

 

 

しっかりクジラに寄れて(寄ってきてくれて)、

14㎜側で撮影出来たのはこの1チャンスだけでした。

 

(D850 + AF-S NIKKOR 14-24mm f11 SS1/320秒 ISO2200)

 

 

イルカのように自ら寄ってきてくれる生物や、

カメのようにけっこう寄らせてくれる生物の場合は、

僕も14mm側で撮影することが多いですし、

 

8-15㎜フィッシュアイ+フルサイズで、

15㎜単焦点フィッシュアイとして使っても

十分撮れると思います。

 

(D750 + AF-S NIKKOR 14-24mm(14mm) f9 SS1/250秒 ISO2200)

 

 

 

では、NikonかCanonのフルサイズを使っていて、

サメなどの寄れない大物を撮る時には

どんなレンズを選べばいいのでしょうか?

 

※APS-Cをお使いの方にお勧めする

水中ワイド用レンズについては、

追伸で僕なりの結論を書きました。

 

 

僕の場合は14-24㎜の24㎜側で撮ることが多いですし、

こちらの記事で紹介しているカマストガリザメの写真も、

全て24㎜側で撮影してます↓

参照:水中ワイド撮影で失敗しないカメラ設定とは?

 

 

そして実は、

先日フォトセミナーにご参加いただいたTさんからも、

 

サメを撮るにはどのレンズを使えば良いでしょうか?

 

という質問をいただいていました。

 

フォトセミナーの感想も合わせて送ってくださいましたので、

ここでTさんからいただいたコメントを紹介します。

※Tさんの使用カメラはCanon5Dmark4です。

 

フォトセミナー、第2回目。

 

今回は万座に入れるかもとの事で、

ワイド撮影、サメの撮影のセミナーが受けられる事になり、

再訪する前から、ドキドキ、ワクワクでした。

 

その前に、セミナー直前の週に、

与那国島のハンマーリバーを撮りに行って来ましたが、

その際にも、カメラ側の設定等に関して、

上出さんにご相談したところ、細かくご丁寧に教えて頂けた事を、

この場をお借りして御礼申し上げます。

 

上出さんから、設定について教えて頂けていなかったら、

全くもって、1枚のハンマーも撮れなかったであろうと思います。

 

さて、今回私が与那国で使用したレンズですが、

『EF8-15LFE キヤノン EF 8-15mm F4L フィッシュアイ USM 』

を、ワイド写真の為、いつも通り使用しました。

 

しかし、このフィッシュアイレンズ、

画角が広すぎて、寄れないハンマー等の写真だと、

被写体が凄く小さくなってしまい、とても作品と言える物が撮れません…

 

余程運が良く、たまたま群れの真ん中に直撃出来れば、

フィッシュアイレンズでも良い写真は撮れると思いますが、

ほぼ皆無に等しい…

 

そこで、今回の万座でのサメ撮影に関して、

上出さんにレンズ選び等ご相談しました。

 

推奨は、本来であれば24ミリ程度の広角レンズ。

しかし、広角でなくても、私の持参した24-70のズームレンズ!

 

むしろズームレンズでの使用の方が、

サメ等の様に、寄れない被写体には、有りですよ!

と、ご教授頂きました。

 

そこで、

『EF24-70mm F2.8L II USM EF24-70mm F2.8L 2 USM』

を使用しました。

 

これが大正解となりました。

 

サメの前に、イソバナ等の水中ワイド写真の場合、

私は今までかなり寄り、それでも被写体の全てが映る様に撮って来ました。

 

これは、正解だと思っています。

 

今回、ズームレンズでいつも通りの寄りだと、

イソバナが全ては写りません。

 

そこで、少し離れて、

全体が映る様に撮っていましたが、

そこで上出さんからのご指示!

 

『もっと寄って、迫力のある写真を撮って!

切れてしまう部分は敢えて切って構わないので、

ワイルドなイソバナを表現して!』

 

と、ご指導頂き、撮れました。

全てが入らずとも、表現が出来る技術。

こういった構図は、自分では思いつきもしませんでした。

 

 

 

そして、サメの撮影。

ズームレンズを31㎜位置で撮りました。

 

ストロボもフル発光してる事で、被写体までの距離も、

今までのフィッシュアイレンズに比べて遠くても、

ストロボ光も多少は当たりますし、本当に撮りやすかったです。

 

また、サメ単体等を撮る場合、

フィッシュアイレンズまでの画角はそこまで必要が無く、

充分に作品と呼べる写真が撮れる事を知りました。

 

今回は初のトライで、

まだまだ作品と呼べる写真には程遠いですが、

被写体に応じたレンズの選び方がとっても勉強になりました。

 

今後もますます、サメの撮影に力が入りそうです。

俊作さん、本当にありがとう御座いました。

 

 

 

Tさん、心のこもったコメントありがとうございます。

 

冬は海況が悪い日が多く中々狙えない万座のサメですが、

今回は海況もサメも当たりで良かったですね。

 

水中で「ワイルドなイソバナを」と

スレートに書いたかどうかは定かではありませんが…

 

きっと僕の目がそう語っていたのでしょう。笑

 

 

今回は、24-70㎜という、

あまり水中で使われていないレンズが活躍しました。

 

でも、ここで言いたいことは、

 

サメには24-70㎜がお勧めです!

 

ということではありません。

 

 

基本的な話になってしまいますが、

 

被写体と自分の撮りたいイメージによって

自分なりにレンズを選択することが大切

 

というのが、

今回僕も再認識させられたことであり、

ここで皆さんに伝えたかったことです。

 

これはレンズ選びだけでなく、

他の撮影機材選びにも通じるところがあると思います。

 

 

サメを撮るならこのレンズ!

 

とか、

 

クジラを撮るにはこのセット!

 

といったような正解は当然ありません。

 

思い通りにいかないことも多いと思いますが、

色々試行錯誤するのも楽しんで欲しいですし、

狙いが当たってバシッと撮れた時の喜びは格別です。

 

なので、レンズは自分で選びましょうね。

 

 

 

と言って終わってしまうと、

せっかくここまで読んでくれたあなたが

がっかりしてしまいそうです。

 

そんな顔は見たくありません。笑

 

 

なので、最後にちょっとだけ、

大物撮影用レンズの選択肢を紹介します。

(フルサイズを使っているという前提で紹介します。)

 

 

僕は使ったことが無いので

実際の水中での使用感はわからないのですが、

サメのような寄りづらい被写体には

この焦点距離のレンズが良いのかなと思います↓

 

■AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

■EF16-35mm F4L IS USM

 

 

 

今回のTさんのように

「とにかく万座でカマストガリザメを撮りたい!」

という方は24-70㎜でも良いかもしれませんが、

 

これだと例えば、

いきなりジンベエザメが出た時なんかに対応できないので、

(そんなことは普通はないけど…無いとも言えないし…)

16-35mmの方が汎用性は高いと思います。

 

 

至近距離で遊んでくれるイルカだったら、

やっぱり16-35㎜より14-24㎜の方が良いかな…

 

むしろ、そういう時は

8-15㎜フィッシュアイがやっぱりベストだよな…

 

なんて色々考えてしまいますが、

 

どの被写体を一番撮りたいか

どんな作品に仕上げたいか

 

で優先順位を付けるしかありませんね。

 

(D750 + AF-S NIKKOR 14-24mm(14mm) f11 SS1/320秒 ISO720)

 

 

ここまでの話は、

レンズそのものの性能とか、

レンズとポートとの相性とか、

 

そのあたりをほぼ無視して、

画角だけの話をしているので、

あくまで参考程度にしておいてください。

 

 

ちなみに僕は、これからも

D850+AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

をメインで使っていくと思います。

 

AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm

を使ってみないことには何とも言えませんが、

個人的には水面が真っすぐ写る方が好きなので、

 

サブとして?

遊びたいとき?

群れを撮る時?

 

なんかにフィッシュアイを使うんじゃないでしょうか。

 

 

まあ、何事もやってみないとわかりませんね。

 

僕も全ての選択肢を試せるわけではないので、

もし何か経験や情報をお持ちの方は、

気軽にコメントかメッセージをください。

 

 

それでは、今日もここまで

読んでくださりありがとうございました!

 

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

p.s.

 

今日はどちらかというと、

フルサイズを使っている方向けの内容になりましたが、

もちろん水中ワイドはAPS-Cで撮っても良いわけです。

 

むしろ、8-15㎜フィッシュアイを、

積極的にAPS-C機で使っているカメラマンさんもいます。

 

 

その理由は、先ほど僕も言いましたが、

APS-Cで使えば望遠側にズームが効くからです。

 

APS-C+8-15㎜フィッシュアイなら、

寄りきれなかった場合でもズームを使って

おさえのカットを撮ることができます。

 

 

今日は、

 

フルサイズで大物を撮るならどのレンズを選ぶべき?

 

という視点で解説してきましたが、

 

8-15㎜で大物を選ぶならどのカメラを選ぶべき?

 

という視点で考えると、

 

ズームが効くAPS-Cが良い!

 

という結論も出せるという事ですね。

 

 

実際、

水中ワイド用のレンズを何本も用意するというのは、

多くの方にとってあまり現実的ではないと思います。

 

APS-C機を使っていてor購入予定で、

これから水中ワイドを始めたいという方は、

 

8-15㎜フィッシュアイを1本持っていれば

大物・群れ・珊瑚などある程度何でもカバーできるので、

最初の1本としてはやはりこれがお勧めです。

 

予算的に難しければ、

Tokina AT-X107(10-17mmフィッシュアイ)

という選択肢もありだと思います。

 

 

水中撮影機材選びは奥が深いですねー。

他にも取り上げて欲しいトピックがあれば、

ぜひお知らせください!

 

 

 

◆2018年も引き続き同じ要領で、

プライベートフォトセミナーを開催します。

すでにGWやお盆等の予約が埋まりつつあるので、

ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

 

◆ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
(下のバナーを1回ずつクリックしてください↓)

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 178
    • 2018年 3月4日

    はじめまして。

    なかなか内容の濃い記事で楽しく読ませてもらいました。
    私はD810、アンティス、Z240の2灯でシステム組んでいますか、
    上出さんのような機材系のレビューはあるある〜と同感する所や、
    同じ様な事を記事にしている方が少なく、とても楽しい内容ですね!

    本題ですが、私もワイドのフィシュアイはあまり使いません。
    今は16-35がワイドのメインです。
    記事にもあるように、1424の四隅の流れが気になり、こちらにしてます。
    あとはVRがある点でこちらにしました。
    8-15のフィシュアイはカメラ屋にも現物が無いので、
    これからCP +の会場で試し撮りしてみます。

    昔はブログやってましたが、上出さんの記事見てまた再開したくなりましたよ!
    これからも楽しみにしていますので、頑張って!

      • 上出 俊作
      • 2018年 3月8日

      はじめまして!
      わざわざコメントいただきありがとうございます。
      楽しく読んでいただけたようで嬉しいです。

      D800系の水中レビューとかって、あんまりないですよね。
      特にNikonとアンティスは水中関連の広告記事等を出していないので、目に触れる機会が無いのかもしれません。

      16-35㎜も魅力的なレンズですね。
      記事にも書きましたが、僕は使ったことが無いので、いずれは使ってみたいなと思います。
      8-15mmの使用感はどうでしたでしょうか?
      水中じゃないので何とも言えないかもしれませんが…(^^;

      ブログ再開されるなら、ぜひ教えてください。
      貴重なご意見ありがとうございました!

  1. キターー!ついにここまで。。いつかは来ると思っていましたが、、。 これは山ボーイへのプレゼントにしなければ。 しかし、内容が全く頭に入ってこなかったので あとで再度読み直しますわ(´⊙ω⊙`)

      • 上出 俊作
      • 2018年 3月8日

      ありがとうございます(^^)
      ちょっと内容が細かかったかもしれません…ぜひ何度か読んでみて下さい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 : 上出 俊作 (水中写真家)

沖縄本島を拠点に活動している水中写真家です。

これまで、写真集の出版や写真展の開催などを通して、海の魅力を伝えるべく水中写真家として活動してきました。

撮影スタイルという程でもないですが「日常を切り取る」という事が僕にとっての大事なテーマです。

珍しい生き物を追いかけ回したりせず、水中の生き物たちとかくれんぼやにらめっこをして遊びながら、のんびりと撮影しています。

「水中写真を通して共に成長し合える仲間と出会い、一緒に豊かな人生を歩んで行きたい。」

そんな思いから生まれたのが、このブログです。

自分と真剣に向き合う事の大切さを教えてくれた水中写真に、日々感謝しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

資格・所属

PADI Instructor (OWSI #827547)
PADI Digital Underwater Photographer Instructor
PADI Enriched Air Specialty Instructor
潜水士
海をつくる会(所属)

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かったと思って頂けたようでしたら、応援クリックをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

免責事項

本サイトの情報は、水中写真撮影の参考としてダイビングや水中写真に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。