水中用ストロボ「INON Z-330」の実力を探る ~ワイド編~

この記事は12分で読めます

Pocket

 

こんにちは、上出です。

 

今日は、

 

イノンZ-330の実力を探る

 

というタイトルで、

水中ストロボのリアルなレビューを

お届けできればと思います。

 

 

 

2017年12月24日、

INON製ストロボのフラッグシップモデルとして、

Z-330は発売されました。

 

発売当初から、

 

「かなりいいらしいよ…」

 

という噂を耳にした方も多いと思います。

 

 

僕はちょっと出遅れて、

2018年の春くらいから使っていました。

 

ようやくメリット・デメリットの検証が終わった!

 

というわけでは別になくて、

なんとなくそろそろ書こうかなあと思い、

この度筆を執った次第です。

(あえて言う事でもないですが。)

 

 

先日アップした記事にも書きましたが、

僕は元々けっこうな機械音痴です。

 

思い通りの水中写真を撮るために、

 

ブログやフォトセミナーを通して

水中写真のあれやこれやを伝えるために、

 

出来る限りの情報収集はしていますが、

それでも中々メカアレルギーは抜けません。

 

なので、撮影機材の比較テストを

厳密にやろうという気にはなりませんし、

そういう事が得意な方は他にちゃんといるので、

あえて自分がやる必要はないかなと思っています。

 

 

今日はそんな僕がお届けするレビューですので、

できるだけ小難しい話は抜きにして、

 

Z-330って実際はどうなの?

 

という話を、

主観的・感覚的にしていきたいと思います。

 

 

そうは言っても、この記事を書くにあたり

情報の正確性はきちんと担保したかったので、

INONの担当者さんとお話はさせていただきました。

(ご丁寧に解説してくださりありがとうございました。)

 

でももちろん、

頼まれてレビューを書いているわけではありません。

(このブログにそういう記事はひとつもありません。)

 

Z-330のレビューを書く旨もお伝えしましたが、

 

「好きに書いてください。」

 

と背中を押していただきましたので、

お言葉に甘えて好きに書かせていただきます。笑

 

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f13 1/100秒 ISO320)

 

 

 

本題に入る前に、まずひとつ、

前提を共有させてください。

 

僕はTTLを使いません。

 

何度も書いていると思いますが、

大事なことなのでここでも書きます。

 

 

これから書くZ-330の解説は、

特に断りがない限りマニュアル使用時の話です。

 

TTLの調光精度はどうか?

 

というのは、

ストロボを評価する上ではとても大事な項目だと思いますが、

その点を無視したレビューであることをご理解くださいませ。

 

 

 

それでは早速、内容に入っていきましょう。

 

ワイドで使用する時とマクロで使用する時は、

ストロボに求める要素も若干違ってきますので、

それぞれのケースに分けて解説しようと思います。

 

どちらの話も結構ボリュームがあるので、

2回に分けてレビューする事にしました。

 

前編の今日は、

ワイド撮影に焦点を当てていきます。

 

 

 

■水中ワイド

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f16 1/200秒 ISO250)

 

 

 

「ドームレンズで大光量と水中照射角度110°を両立」

 

これが、メーカー製品ページの

「特徴」の一番上に掲載されている文言です。

 

 

つまり、Z-330の特徴は、

 

「大光量」と「照射角110°」

 

の2つであると受け取ることができます。

 

※もちろん「ドームレンズ」も特徴ですが、

これは上記の2つを達成するための「手段」なので、

ここでは「なんか凄いな」と思うくらいでいいかと。

 

 

そして、この2つの特徴は、

どちらかと言うとワイド撮影で生かされるはずです。

 

ですのでまずは、

ワイド撮影時に僕がこの2点をどう感じたか、

という点から、レビューを始めようと思います。

 

 

 

「大光量」

 

 

Z-330のガイドナンバー(GN)は33です。

 

SEA&SEAのYS-D2がGN32、

Z-330の前モデルのZ-240がGN24、

 

ですので、現行水中ストロボの中では

最もGNが大きい事になります(2019年1月現在)。

 

 

ちなみに、GNというのは、

ストロボの光量の単位です。

 

GNが大きいほど、

最大光量が大きいというだけです。

 

詳しく知りたい方は、

以下のページがわかりやすいかなと思います。

 

ストロボの光はどこまで届く?ガイドナンバーを使った簡単な計算方法

 

 

 

話を戻します。

 

Z-330は他の製品と比べても

「大光量」だということがわかりました。

 

ここで一度立ち止まって、

考えて欲しいんです。

 

本当に、光量ってそんなに必要なの?

 

という事を。

 

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f11 1/250秒 ISO400)

 

ロウニンアジの写真を例にとって解説します。

 

写真の感想はいったん置いておいて、

カメラ・レンズの設定を見てください。

 

このブログではできるだけ

設定の詳細まで掲載していますが、

これまでもチェックしてくださっていた方は、

 

上出の水中ワイドってだいたいこんな設定だよね

 

と思われたのではないでしょうか。

 

 

さすが、鋭いですね。

その通りです。

 

 

これは個人的な考え方ですが、

 

絞りは絞って画面全体をシャープに写したい(f11~16)

絶対に被写体ブレを起こしたくない(できればSS1/250秒)

 

というのが、

僕が水中ワイドを撮る時に意識している事です。

 

 

こういう設定で、

普段ダイビングをする水深で(15mとか)、

ISO100なんかで撮影すると、

 

たいてい海が暗く写ります。

 

なので、

もちろんその時の天気、透明度、水深、

さらには上(水面・太陽)を向いて撮るのか

下(水底)を向いて撮るのかにもよりますが、

 

僕は海を自然な明るさの青で写すのが割と好きなので、

ISO200~500に設定していることがほとんどです。

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f13 1/250秒 ISO400)

 

 

もう一つだけ、前振りをさせてください。

 

水中撮影で何より大切なことは、

マクロだろうがワイドだろうが、

できるだけ被写体に寄ることです。

 

(もちろん、野生生物への配慮を忘れずに。)

 

 

寄らないと奥行き、立体感は出ないし、

寄らないとパリっとした写真は撮れません。

 

もちろん中々寄れない被写体もいますが、

個人的には寄れなかった時は自分の負けだと思っているので、

実際、寄れていない時はあまりシャッターを切りません。

 

 

さて、伝えたいことは何かと言うと…

 

 

先ほど紹介したようなカメラ・レンズ設定で、

被写体に手が届きそうなくらい寄って撮影する場合は、

GN20でも十分なライティングができます。

 

 

僕はZ-330が発売されるまで、

Z-240に拡散版をつけて使ってました。

 

だいたいいつも最初はフル発光に設定して、

様子を見ながら-0.5か-1.0で調整していたので、

メーカーHPから数字を拾ってくると、

 

フル発光 GN21

-0.5 GN17

-1.0 GN14

 

という発光量で使っていたことになります。

(拡散版分として公称値から-0.5EVで計算してます。)

 

 

サメの撮影など、どうしても接近できない被写体には

もっと大きい光量のストロボがあった方が良いのかな…

 

と考えたこともあるのですが、

 

遠くから大光量で発光させても

ハレーションが増えて使い物にならない

 

という印象もあって、

 

僕は今でも、水中ワイドでストロボを使う時は、

だいたいGN20前後で発光させています。

 

なので、Z-330の最大光量GN33を使う事は、

僕の撮影スタイルにおいては今のところはありません。

 

実際には、Z-330を

 

-1.0 GN23

-1.5 GN19

-2.0 GN16

-2.5   GN13

 

で使うことがほとんどです。

 

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f14 1/200秒 ISO200)

 

 

 

ここまで、

 

僕の現在の水中ワイド撮影においては、

GN33で発光させるケースはほぼない。

 

という話をしてきました。

 

 

でも、GN33のストロボなんて必要ない

 

と言いたいわけではありません。

 

むしろ、もうGN24のストロボには戻れません。

 

 

これから、その理由を2つ紹介します。

 

 

 

一つめが、リサイクルタイムです。

 

リサイクルタイムというのは、

ストロボが発光してから次の発光が可能になるまでの、

チャージにかかる時間のことを言います。

 

GN24のZ-240も、GN33のZ-330も、

フル発光時のリサイクルタイムは最短1.6秒です。

 

※電池によってリサイクルタイムが変わってきます。

最短1.6秒はエネループプロ使用時の値です。

 

 

どちらも「1.6秒」なので、

一見同じ性能に見えますが、

 

GNを合わせて比べてみると、

そこには大きな差があります。

 

Z-240 フル発光 GN24 リサイクルタイム1.6秒

Z-330 -1.0で発光  GN23(24が公称値上ないので23) 〇〇秒?

 

 

リサイクルタイムはフル発光時のデータしか

公表されていないので詳細はわかりませんが、

 

Z-330をGN23で発光させると、

リサイクルタイムは1.6秒よりだいぶ短くなるはずです。

 

熱を逃がす機構が優れているとか、

理由はいくつかあるのでしょうが、

 

本気を出していない分余裕があって、

ちょっとだけ休めばまたすぐ発光できる、

 

というようなイメージでいいと思います。

 

 

感覚的にわかる方も多いと思いますが、

水中ワイドのシャッターチャンスって、

本当に限られていますよね。

 

一瞬の勝負と言って良いと思いますし、

今日は全然ダメだなあと思っていたら、

 

最後の最後で立て続けに、

ダダダっとチャンスが続くなんて事も

日常茶飯事です。

 

この「ダダダ」の瞬間に、

ストロボのチャージが追いつかないと、

とっても悲しいことになります。

 

実際、Z-240を使っていた時には、

僕も何度も悲しい思いをしましたし、

リサイクルタイムを恐れるあまり、

1枚目のシャッターが中々切れないこともありました。

 

そういう意味では、

 

GNに余裕があるとテンポよく

シャッターを切れるようになるので、

シャッターチャンスを逃しにくくくなります。

 

これは、水中ワイド撮影においては

とてつもなく大きなメリットです。

 

 

ちなみに、

これはもう少し検証が必要なので

参考までにですが…

 

Z-330を-2.0で発光させると、

D850の連射にも3発はついてきます。

(GNを落とせばもっとついてきます。)

 

2発目、3発目と徐々に光量は落ちますが、

結果的に露出の違う3枚の写真が撮れるので、

後から好みの露出のカットを選べばいいとも言えます。

 

基本的には1枚目で決めにいってるのですが、

1枚目がうっかり露出オーバーになった時には、

2枚目を選んで編集すれば良いという感じです。

 

ただ、積極的にこういう撮り方を勧めようとは思いません。

 

被写体との向き合い方が、

少し雑になりがちな気もするので。

 

1枚に魂を込めて、

シャッターを切りたいものですね。

 

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f11 1/200秒 ISO400)

 

 

 

さて、もう一つ、

 

「GN33のストロボなんて必要ない

と言いたいわけではありません。」

 

と書いた理由を解説します。

 

 

以前書いたこちらの記事↓に、

SEA&SEAのエッジーな水中ストロボ「YS-D2」はどう使えば良いのか?

とても親切にコメントをしてくださった方がいました。

 

GN20では対応しきれず、GN32が必要なケース

 

としていくつか例を挙げてくださったのですが、

「水中ワイド」に関わる部分を抜粋すると、

 

水深2~3mから上に向かって撮る時で太陽が画角に入り、

太陽の白飛び面積を最小にしたいとき。

かつ被写体の反射率が低いとき。

 

が該当すると思います。

わかりやすい解説、本当にありがたいです。

 

 

文章だけだとイメージがわきづらいかもしれませんので、

写真を見ながら僕なりに解説していきましょう。

 

ちなみに、反射率が低い被写体として

「ナンヨウツバメウオの幼魚」や「メジナ」

を挙げてくださっていたのですが、

 

僕がそのような黒い魚を普段撮っていないので、

カメの甲羅側の写真で代替させていただきます。

(黒い魚ほど反射率は低くないと思いますが。)

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f14 1/250秒 ISO250)

 

 

水深は2~3m、天気は晴れ、

上を向いているとは言えないけど…

まあ、これでも説明はつくので良いでしょう。

 

ちなみに、全体的にモヤっとした雰囲気になっているのは、

物凄く濁っていて本当にモヤっとしていたからです。

 

Z-330をGN20前後で発光させているはずなので、

ここではGN20で発光させたと仮定します。

 

 

さて、この写真を見て皆さんはどう感じるでしょうか?

 

 

もしかしたら、左上の太陽の光の部分が、

ちょっと明るすぎて目障りに感じたかもしれません。

 

では、

太陽の白飛びをおさえるには、

海をもう少し暗くするには、

どうしますか?

 

 

答えは、

 

・絞りを絞る

・ISO感度を下げる

 

です。

 

両方いじっても構いませんし、

片方でも海は暗くなります。

 

ここでは仮に、絞りは変えずに

ISO感度を250から100に下げたとしましょう。

 

ざっくりのイメージですが、

こんな写真が撮れるはずです↓

 

 

左上の太陽の部分も、

背景の海も、どちらも暗くなりました。

 

でも、カメの甲羅も暗くなっています。

 

 

カメを暗くしたかったわけではないですし、

カメは最初の明るさがちょうどよかったので、

 

今度はカメの明るさを元に戻してあげるために、

ストロボを強くしないといけません。

 

このとき、GN20がフル発光のストロボでは、

対応する事ができないというわけです。

 

そういう意味でも、GN33のZ-330は頼もしいですね。

 

海の明るさを黒に近づくくらい暗くしても、

カメだけを浮かび上がるだけの光量があります。

 

大光量で発光させたいケースが、実際にあるんですね。

 

 

 

さて、

水中ワイド撮影における「大光量」のメリットは、

 

・GNが大きいストロボの方がパワーに余裕があり、

短いリサイクルタイムで発光させることができる

 

・良くあるシチュエーションではないけれど、

GN20以上で発光させたいケースも実際にある

 

の2つであるという話をここまでしてきました。

 

次は、照射角の話に移ります。

 

 

 

「照射角110°」

 

 

冒頭で、この記事を書くにあたって

INONの方とお話をさせていただいたと書きましたが、

実は、こんなやり取りがありました。

 

上出:

「Z-330はZ-240に比べて照射角が広く使いやすいように感じます。

でも、Z-240も拡散版をつければ照射角は110°ですし、

スペック上はZ-330と同じ照射角のはずです。

なぜ、Z-330の方が照射角が広いように感じるのでしょうか?」

 

僕は心の中でひっそりと思っていたのです。

 

「きっと、同じ照射角でも光の性質が違うとか、

INONが公表していないお宝情報があるに違いない…」

 

と。

 

しかし、僕の浅はかな期待はあっさり裏切られました。

 

 

INONの方:

「Z-330は水中での実測値が110°ですが、

Z-240は、陸上計測値が110°なのです。

水中は計測していないので詳細はわかりませんが、

拡散版なしで75°、ありで80°くらいだと思います。」

 

 

確かに、HPにも陸上とか水中とか、

ちゃんと書いてありました。

 

INONの方は恐縮しながら教えてくださいましたが、

僕が見落とし、勘違いしていただけです…

恥ずかしいですね。失礼いたしました。

 

 

Z-240(拡散版なし):陸上照射角100° 水中照射角約75°

Z-240(拡散版あり):陸上照射角110° 水中照射角約80°

Z-330:陸上照射角不明 水中照射角110°

 

 

というわけで、

Z-330はZ-240に比べると

かなり照射角が広がっています。

 

水中ワイド撮影の中でも、

画面の四隅にまで被写体が入るようなケース、

例えば魚の群れを撮る時なんかは、

照射角が広い方が圧倒的に有利です。

 

群れの中心だけでなく、

周辺部にもしっかり光が当たるので、

群れ全体のディテールを描写する事ができます。

 

実際に、ミジュンの群れを撮った時には、

綺麗に光が回るなあ…と感じました。

 

(D850 + Fisheye NIKKOR 8-15mm + Z-330   f11 1/250秒 ISO500)

 

 

一方、例えばサメを撮る時なんかは、

照射角の広さは直接のメリットとは言えなさそうです。

 

逆に、照射角が広すぎてゴミが写り込みやすい、

というデメリットが際立ってしまう可能性があります。

 

 

とは言っても、今のところ個人的には、

ゴミが写り込みやすいという感覚はありません。

 

ストロボライトカッターがうまく機能しているのか、

そういうわけでもないのか…どうなんでしょう。笑

 

少なくとも、

「照射角が広すぎて扱いづらいな」

と感じたことはないという事です。

 

 

ちなみに、照射角が広いという事は、

ストロボの向きが多少ずれていても

被写体に光がある程度は回るという事ですので、

 

サメのような被写体を撮る場合でも、

照射角の広さはメリットと言うこともできますね。

 

実際、ストロボの向きを完璧に合わせるのって難しいですし、

泳いでいる間に向きが変わっていたなんて事もありますので。

 

(D750 + NIKKOR 14-24mm + Z-240   f11 1/250秒 ISO400)

 

 

 

 

今日は、Z-330の特徴を、

 

・大光量

・照射角110°

 

という2つの観点から解説してみました。

 

水中ワイド撮影においては、

上記の2つは明らかにメリットになりますし、

実際の使用感としても、不満はありません。

 

水中ワイド撮影の第一選択は、

Z-330と言って良いと思います。

 

 

ちなみに、

「大光量」のメリットの解説に字数を割いてしまい、

「照射角110°」の方があっさりになってしまいましたが、

「大光量の方が重要」というわけではありませんよ。

 

むしろ個人的には、

「大光量」よりも「照射角110°」の方が、

撮影の幅を広げてくれたように感じています。

 

ある程度ごまかしが効くというのも、

実際には結構大きなメリットですしね。

 

 

さて、ここで書ききれなかった特徴は、

またマクロ編で触れようと思いますので、

楽しみにしていてください。

 

それでは、今日もここまで

読んでくださりありがとうございました。

 

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

(更新:2019.1.14)

 

 

 

プライベートフォトセミナー

の詳細・ご予約はこちらからお願いします!

 

お陰様で2019年3月中旬までのご予約が一杯となりました。

3月下旬以降のご予約は随時受け付けていますので、

ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

陽だまりスタジオ 代表 上出俊作 (水中写真家)

沖縄本島を拠点に活動している水中写真家です。

これまで、写真集の出版や写真展の開催などを通して、海の魅力を伝えるべく水中写真家として活動してきました。

撮影スタイルという程でもないですが「日常を切り取る」という事が僕にとっての大事なテーマです。

珍しい生き物を追いかけ回したりせず、水中の生き物たちとかくれんぼやにらめっこをして遊びながら、のんびりと撮影しています。

「水中写真を通して共に成長し合える仲間と出会い、一緒に豊かな人生を歩んで行きたい。」

そんな思いから生まれたのが、このブログです。

自分と真剣に向き合う事の大切さを教えてくれた水中写真に、日々感謝しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

資格・所属

PADI Instructor (OWSI #827547)
PADI Digital Underwater Photographer Instructor
PADI Enriched Air Specialty Instructor
潜水士
海をつくる会(所属)

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かったと思って頂けたようでしたら、応援クリックをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

免責事項

本サイトの情報は、水中写真撮影の参考としてダイビングや水中写真に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。