水中撮影用ライトはストロボの代用になるのか?

この記事は10分で読めます

Pocket

 

こんにちは、上出です。

 

今日の沖縄本島、

最高気温が12℃みたいです。

 

しびれますね。

 

 

「常夏リゾート沖縄!」なんて嘘です。

 

布団から出られません。

 

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm + UCL-90  Z-240×2灯 f9 SS1/200秒 ISO200)

 

 

さて今日は、

 

「読者さんからの質問回答コーナー」

 

の第二回です。

 

 

第一回はこちら↓

水中写真はどのホワイトバランス(WB)で撮るのが正解?

 

第一回からだいぶ時間が空いてしまいましたね…

まあこのあたりは、島時間という事で。笑

 

 

今日のテーマは、

 

「水中ライトはストロボの代用になるのか?」

 

についてです。

 

 

実はこの話題、

前から書こう書こうと思っていたのですが、

僕が普段撮影にライトをあまり使わないので、

 

正確な、客観的な比較ができないな…

 

と思い、保留にしていました。

 

でも、こうして質問もいただいてるわけですし、

気になっている方も多いテーマかなと思いますので、

ここはひとつ、想像力を膨らませて書くことにします。

 

それではまず、

読者さんからいただいた質問をご覧ください。

 

 

時々オーバーハングにいる被写体を撮ろうとして

ストロボがうまくあたっておらず、

撮り終えてがっかりしたこともあります。

 

そんなこともあり、最近、

RGblueやINONの大光量水中ライトが発売されて、

これを使って撮影されている人もいらっしゃいます。

 

そこでお聞きしたいのですが、

こうした水中ライトはストロボの代用となりうるでしょうか。

 

以前の水中ライトは光量も足りず、

また光もストロボのように太陽光に近い光ではないので

あまり実用的ではなかったかと思いますが、

最近はこうした点が改良されて、

相当良いものが出ているようです。

 

水中ライトであれば、

ストロボのように瞬間的な光ではないので、

被写体にどのように当たっているか

確認しやすいと思うのですが。

 

 

ご質問をいただいたKさん、ありがとうございました。

(ブログ掲載にもご快諾いただきありがとうございました。)

 

 

先に結論からいきましょう。

 

 

今回いただいた質問のメインテーマは

 

「代用となりうるか?」

 

です。

 

 

僕なりの回答は

 

「限られたケースでなら代用となりうる」

 

です。

 

 

これだけでは、意味が分かりませんね。

 

もう少し掘り下げていきましょう。

 

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm + UCL-90  Z-240×2灯 f11 SS1/250秒 ISO200)

 

 

 

水中ライトを使う目的は人それぞれですが、

以下の4つに大別できるのではないかと思います。

 

 

①ストロボの代わりに

②ライトならではの表現を求めて

③ピント合わせの補助として

④動画を撮るために

 

 

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

まず「④動画を撮るために」ですが、

これはいいですね。

 

ストロボで動画のライティングはできないので、

被写体の色を再現したいならライトが必要です。

 

なので、質問の中にも出てきた

「大光量水中ライト」で動画を撮るというのは、

有用な使い方だと思います。

 

 

 

さて、

 

①ストロボの代わりに

 

の話に戻りましょう。

 

これがメインテーマです。

 

 

たった今動画の話をしましたが、

水中動画を撮る方は徐々に増えてきているように感じます。

 

特に水中写真を始めたてで、

コンデジを使っている方の中には、

 

「写真も動画も撮りたい!」

 

という方も少なくないはずです。

 

 

そんな方にとって、

 

とりあえず水中ライトを付けておけば、

写真も動画もそこそこ撮れる

 

というのは、

大きな価値になると思います。

 

なので、そういう意味では、

ライトをストロボの代わりとして使う事は、

現実的な選択肢のひとつです。

 

ストロボとライトを両方取り付けるのは、

コスト的にも大きさ的にも、

壁に感じる方も多いですもんね。

 

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm  Z-240×2灯 f6.3 SS1/160秒 ISO200)

 

 

 

さてそれでは、

僕のように動画を全く撮らない人

にとってはどうでしょう?

 

ここからは、

 

「写真」を撮る時に

ライトをストロボの代わりとして使う事の

メリットとデメリット

 

を考えていきたいと思います。

 

 

 

【メリット】

 

 

■シャッターを切る前に光が当たっているかどうか確認できるため、

出来上がりのイメージがしやすいし、失敗を減らすことができる。

 

おそらく、これが一番大きなメリットでしょう。

 

Kさんからの質問の中にもありましたね。

 

「時々オーバーハングにいる被写体を撮ろうとして

ストロボがうまくあたっておらず、

撮り終えてがっかりしたこともあります。」

 

こういう経験は僕にもありますし、

おそらく共感できる方が多いと思います。

 

 

水中ストロボの取り扱いは、

最初のころは苦労する事が多いですし、

 

ライトで簡単に綺麗な色の写真が撮れる

 

というのは、ひとつの価値ですよね。

 

 

 

■連射できる

 

この価値を実感できる人は多くないかもですが、

生態写真なんかでは有利になりそうです。

 

ストロボを使用する場合だと、

外付けストロボにも内蔵ストロボにも

リサイクルタイム(充電時間)があるので、

カメラの連射モードは使えません。

 

ハッチアウトを撮る時なんか、良いかもですね。

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm + UCL-90  Z-240×2灯 f22 SS1/250秒 ISO320)

 

 

 

【デメリット】

 

 

■生物が逃げやすい

 

これは先ほどのメリットと対になっていますが、

被写体に光を当て続ける事になるので、

生物が光を嫌がってシャッターを切る前に

逃げてしまう事があります。

 

特に、元々暗がりに住んでいるような生物は

明るい場所が嫌いなことが多いので、

 

ライトを当てた瞬間に逃げてしまった

 

という経験は、

どなたもあるんじゃないかと思います。

 

 

ただこれは、ストロボを使っていても、

光量の大きなターゲットライトを当てたら同じことです。

 

それに、ライトの光では逃げなくても、

ストロボの光にびっくりして隠れてしまう生物もいます。

 

なので、ケースバイケースですね。

 

 

 

■被写体ブレを起こしやすい

 

動きの速い魚などの被写体を撮る場合で、

特にシャッタースピードが遅くなるような状況では、

ライトで撮影するとブレやすくなります。

 

細かい説明は、

 

SEA&SEAさんが発光しているパンフレット

「水中写真にストロボが必要な理由」

 

に記載がありましたので、

引用させていただきます。

 

ストロボは数百分の一秒から数万分の一秒

という大変短い時間で発行しています。

 

従って、スローシャッターで撮影をした場合でも、

ストロボ光が当たっている部分(被写体)は、

ストロボの発光時間でシャッターを切っているのと同じことになります。

 

対してライトは、シャッタースピードと同じ時間、

被写体に光が当たっていますので

シャッタースピード以上のブレ軽減効果はありません。

 

しかし、前述の通りブレを防ぐ為にシャッタースピードを上げると

カメラが取り込める光の量は減少してしまいます。

 

※光に敏感な被写体の場合、画像に残像が残る場合があります。

 

 

細かい理論がわからなくても良いので、

 

ブレの軽減に関してはストロボの方が有利

 

という事だけでもおさえておいてください。

 

 

 

■演色性に劣る…?

 

Kさんからの質問にも「太陽に近い光」

という言葉が出てきました。

 

ストロボの方が太陽光に近いのは事実ですし、

演色性(色の再現性)もストロボの方が高いです。

 

ただ、水中ライトの演色性も向上していますし、

演色性の違いを実際に認識できる人がどれだけいるか、

正直何とも言えません。

 

認識できたとしても、

それはそれで味ととらえる事もできますし、

フィルター等で工夫する事も出来ます。

 

なので個人的には、

演色性の差は大きなデメリットにはならない

と想像しています。

 

 

 

■光量が足りない場合がある

 

おそらくこれが一番の課題でしょう。

 

Kさんからの質問にもあった通り、

水中ライトの性能は近年飛躍的に向上し、

いわゆる「大光量ライト」も主流になってきました。

 

流行りの?RG BLUEなんかだと、

最大光量が3000ルーメンくらいですよね。

 

このクラスの光量があって、

光量の調整も細かくできるのであれば、

マクロ撮影ではあまり困らないと思います。

 

 

一方、ワイド撮影の場合は、

ちょっと光量が物足りなさそうです。

 

ここでも、SEA&SEAさんの

「水中写真にストロボが必要な理由」

から引用させていただきます。

 

一般的に、ストロボの光量はGN(ガイドナンバー)、

LEDライトの光量はlm(ルーメン)で表しますが、

単位が異なるため、これではどちらが明るいかわかりません。

 

実はYS-D2の場合、ルーメン値に換算すると

最大で約509,600ルーメン相当の光を放つ事ができますので、

30,000ルーメンのライトといえどストロボの光量には到底かないません。

 

 

 

ということらしいです。

 

いくら水中ライトが大光量化したと言っても、

ストロボと比べるとまだまだなんですよ

 

という趣旨の文章だと思います。

 

資料にある「最大で」というのは、

「GN32で」という意味でしょう。

 

僕もワイド撮影をするときのGNは、

32~20の間で発光させることが多いので、

やはり大光量ライトでは不十分という事になります。

 

 

ちなみにここではさらっと

「30,000ルーメンのライトといえど」

と書いてありますが、

 

市販されている水中ライトは、

大光量と言われているものでも

3000~5000ルーメンです…

 

 

(D750 + AF-S NIKKOR 14-24mm  Z-240×2灯 f13 SS1/250秒 ISO250)

 

 

 

ここまで、

水中ライトを使う目的を4つに大別したうえで、

 

①ストロボの代わりに

 

という視点から、

メリット・デメリットを紹介していきました。

 

 

最初にお伝えした結論

 

「限られたケースでなら代用となりうる」

 

をもう少し詳しく言い直すなら、

 

「マクロでは代用できる場面も多そうだけど、

ワイドでは代用できる場面は少なさそう。」

 

という回答になります。

 

 

現状、僕は代用するメリットをあまり感じないので、

今後もストロボの代用としてライトを使う予定はありません。

 

(「失敗を減らせる」などのメリットに価値を感じる方は、

ライトをストロボ代わりに使っても全然OKだと思います。)

 

 

しつこいですが、僕はあくまで

代用として使う予定はない」

ということが言いたいのであって、

 

水中撮影時におけるライトの有用性自体を

否定しているわけではありません。

 

 

 

その話は、

 

②ライトならではの表現を求めて

③ピント合わせの補助として

 

に続きます。

 

 

だいぶ長くなってしまったので、

ここからはさらっといきます。

 

 

 

②ライトならではの表現を求めて

 

 

これまで何度も触れた大光量ライトも、

「ストロボの代わり」という考え方から離れて、

「ライトならではの表現」と考える事もできます。

 

良い悪いとは別の次元で、

ライトとストロボの光は性質が違いますので、

ストロボとは一味違った表現も可能です。

 

特に、RG BLUE SYSTEM03のような、

ライトならではの特殊な表現を楽しむというのも、

それはそれでありだと思います。

 

 

あるいは、これは僕もたまにやりますが、

ストロボと一緒にライトを使うという方法もあります。

 

ストロボで主役の被写体を照らして、

ライトは背景を明るく抜くために使う、

なんていうおしゃれ技もありです。

 

(基本はZ-240×2でライティングしつつ、

背景だけINON LE-550Sで照らしています。

僕もたまにはこんな手の込んだことをします。)

 

 

 

③ピント合わせの補助として

 

 

ターゲットライトについては、

別の記事で詳しく解説していますので、

是非こちらも合わせてご覧ください↓

 

ターゲットライトの使い方

〜ストロボとは別に水中ライトを用意すべき?〜

 

この記事では、

 

ピント合わせの補助としてのライトは、

ストロボのターゲットライトを使うべき

 

というように結論づけています。

 

 

それはそれで変わらないのですが、

最近開催したプライベートフォトセミナーで、

 

ストロボのターゲットライトを使い続けた結果、

3本目の途中でストロボが電池切れになってしまった

 

という場面に出くわしました。

 

 

なので、ピント合わせ補助用のライトを

常時点灯させておきたいという方は、

それ専用の水中ライトをひとつ

ハウジングに付けておいても良いのかもしれません。

 

つけるなら、必要最低限の光量で、

撮影時に消灯するタイプが良いと思います。

 

あるいは手間でなければ、

2本目と3本目の間でストロボの電池を交換しましょう。

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm  Z-240×2灯 f5.6 SS1/200秒 ISO160)

 

 

 

今日はここまで、

 

水中ライトはストロボの代用になるのか?

 

という切り口から、

水中ライトを使う事のメリット・デメリット

を紹介してきました。

 

 

「ストロボの代用」としては、

特にワイド撮影時においては不十分だけど、

 

動画も写真も撮りたい人にとっては魅力的だし、

ライトならではの表現を追い求めるのも面白い、

 

というのが、僕なりの結論です。

 

 

もちろん、代用として不十分でも、

ライト特有のメリットに大きな価値を感じる方にとっては、

「水中のライティングはストロボではなくライトで」

という選択肢も現実的にはありえる思います。

 

もしかしたら、ナイトマンタを撮る場合なんかは、

大光量ライトが必需品なのかもしれませんしね。

 

僕は暗い所が苦手だし、

夜はお酒を飲んでゆっくりしたいので、

ナイトダイビングにあまり縁がありませんが…笑

 

 

ライトを積極的に使用されている方で、

「ライト撮影には他にもこんなメリットがありますよ!」

という情報があれば、是非教えて欲しいなと思います。

 

それでは、今日もここまで

読んでくださりありがとうございました!

 

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

◆2018年も引き続き同じ要領で、

プライベートフォトセミナーを開催します。

すでにGWやお盆等の予約が埋まりつつあるので、

ご興味のある方はお早めにご連絡ください!

 

◆ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
(下のバナーを1回ずつクリックしてください↓)

 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 : 上出 俊作 (水中写真家)

沖縄本島を拠点に活動している水中写真家です。

これまで、写真集の出版や写真展の開催などを通して、海の魅力を伝えるべく水中写真家として活動してきました。

撮影スタイルという程でもないですが「日常を切り取る」という事が僕にとっての大事なテーマです。

珍しい生き物を追いかけ回したりせず、水中の生き物たちとかくれんぼやにらめっこをして遊びながら、のんびりと撮影しています。

「水中写真を通して共に成長し合える仲間と出会い、一緒に豊かな人生を歩んで行きたい。」

そんな思いから生まれたのが、このブログです。

自分と真剣に向き合う事の大切さを教えてくれた水中写真に、日々感謝しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

資格・所属

PADI Instructor (OWSI #827547)
PADI Digital Underwater Photographer Instructor
PADI Enriched Air Specialty Instructor
潜水士
海をつくる会(所属)

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かったと思って頂けたようでしたら、応援クリックをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

免責事項

本サイトの情報は、水中写真撮影の参考としてダイビングや水中写真に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。