ピント合わせのコツを掴む【前編】~打率よりも打数が重要?~

この記事は6分で読めます

Pocket

 

こんにちは、上出です。

 

今日は、

 

水中だとなかなかピントが合わないんです!

 

という、

多くの方が抱えている悩みについて、

一緒に考えていけたらと思います。

 

 

先日、何度かフォトセミナーに

お越しいただいているOさんから、

こんなご意見(お叱り)をいただきました。

 

「上出さんはいつも

 

ピントは気合で合わせる

 

って言いますけど、

気合だけじゃ合わないですよ。

 

どうしたらピントが合うのか、

ちゃんと教えて下さい!」

 

 

参照:ピントは気合いで合わせる? ~Nikon D850で水中マクロに挑戦!~

 

 

うむ、おっしゃる通りです。

 

僕も気合だけじゃ足りない

とは思っていたのですが…

 

うまく言語化できていなくて…

 

と、

その場ではごにょごにょ言い訳しながら

色んな意見交換をさせていただきましたが、

 

今日はそのやりとりを出発点に、

「ピント合わせ」という奥の深いテーマを、

僕なりに分解して考えてみる事にしました。

 

Oさん、貴重なご意見をいただき、

どうもありがとうございました!

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm Z-330×2灯 f6.3 SS1/160秒 ISO100)

 

 

さて、早速本題に入っていきましょう。

 

「水中でピントを合わせるコツ」

は色々あるとは思うのですが、

 

今回は、

 

これまであまり語られてこなかったと思われる、

しかし僕はとっても大事だと思っている、

 

そんな以下の2つのテーマについて考えていきます。

 

①水中におけるピント合わせの打率

②オートフォーカスの設定

 

①は水中写真を始めたばかりの方にこそ、

是非読んでもらいたいなと思います。

 

②は、ミラーレス一眼や一眼レフを

使っている方は読まないと損をしますし、

使っていない方でも読んでみれば

ちょっと得をするかもしれません。

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm Z-240×2灯 f5.6 SS1/250秒 ISO64)

 

 

①水中におけるピント合わせの打率

 

そもそも水中というのは、

 

身体はゆらゆら揺れて固定しにくいし、

被写体は野生の生き物だから自由に動くし、

岩陰とか暗い所にいることも多いし、

 

かなりピントを合わせにくい環境です。

 

さらにこれが、

動きの速いスズメダイだったりすると、

もう本当にピントが合いません。

 

なので、

 

そもそも水中写真(特にマクロ)って

なかなかピントが合わないものなんだ

 

と最初から認識しておくことが大切です。

 

 

ちょうど先日、ゴリラチョップで

クロメガネスズメダイを撮りました。

 

何枚シャッターを切ったのか数えてみたら、

クロメガネスズメダイだけで202枚です。

 

そのうちピントがビシっと合っていたのが24枚。

 

ピントが合った確率が11.9%で、

10枚に1枚くらいの成功率ですね。

 

打率1割ちょっとのバッターは

そっこーで2軍に落とされますが、

 

打率1割1分9厘の水中写真家は、

「ピント合わせのコツ」

を偉そうに解説しています。笑

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm Z-240×2灯 f11 SS1/250秒 ISO64)

 

 

野球選手とフォト派ダイバーの間には、

決定的な違いがひとつあります。

 

プロかアマチュアかとか、

そんなことじゃありません。

 

それは、打席に立てる回数です。

 

 

野球選手は1試合にせいぜい

4打席か5打席しか回ってこないので、

打率1割だと1日1本もヒットが出ません。

 

でも僕たちは、1日のダイビングの中で

何枚でもシャッターを切ることができます。

 

 

できるだけ打率を上げることも大切ですし、

その点については次のテーマで触れますが、

 

打率3割で20枚シャッターを切る人

 

と、

 

打率1割で200枚シャッターを切る人

 

とでは当然、

最終的に残せる作品の数が変わってきます。

 

 

つまり、

 

なかなかピントは合わないけど

私もキリふわマクロを撮りたい!

 

というあなたには、まずはとにかく、

打席数を増やしてみる事をお勧めします。

 

実際には、

たくさんシャッターを切っていくうちに

ピントの合う確率も上がっていくので、

一石二鳥です。

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm Z-240×2灯 f11 SS1/250秒 ISO64)

 

 

もちろん、通常のファンダイビングでは、

ひとつの被写体と長時間向き合うことが、

現実的には難しい場合も多いと思います。

 

でも、はっきり言って僕は、

50分前後のダイビングの中で生物を5種類も10種類も

紹介するようなスタイルのファンダイビングでは、

「作品」を撮るのはかなり難しいと思っています。

 

別にそういうスタイルが悪いと言う気はありませんが、

自分が心から納得できる「作品」を撮りたいなら、

 

今お世話になっているガイドさんに相談してみるか、

じっくり写真を撮らせてくれるお店を探してみるか、

何かしら動いてみた方がいいと思いますよ。

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm Z-240×2灯 f11 SS1/250秒 ISO64)

 

 

ちなみに、ちょっと話が戻りますが、

今回例に出したクロメガネスズメダイに関しては、

台風の影響で水中に浮遊物が多かったこともあり、

最短撮影距離でシャッターを切るつもりで寄りました。

 

最短撮影距離付近でのピント合わせはシビアですので、

おさえのカットを撮るためにちょっと引いてシャッタ-を切れば、

おそらく打率3割前後までは上げられると思います。

 

ただ、僕は自分の作品撮りで

60点くらいの中途半端な写真を撮る気はないので、

引いたカットは撮っていません。

 

僕だって打率を上げようとすれば上げられるんだ

 

という小さなプライドが最後に垣間見えた所で、

一つ目のテーマを終わります。笑

 

(D850 + AF-S Micro-Nikkor 105mm Z-240×2灯 f5.6 SS1/250秒 ISO100)

 

 

このまま

 

②オートフォーカスの設定

 

に入っていこうと思ったのですが、

内容がガラッと変わってしまうし、

②の方がだいぶ長くなりそうなので、

 

今日は打率と打数の話だけで終わろうと思います。

 

 

とにかくたくさんシャッターを切ってください。

たくさんシャッターを切れる環境を作ってください。

 

それが、上達への近道だと思いますよ。

 

それでは、今日もここまで

読んでくださりありがとうございました!

 

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

p.s.

 

先日フォトセミナーにいたした方から、

 

「上出さんのブログって、

商売として成り立っているんですか?」

 

というご質問をいただきました。

 

最近、ちょこちょこ心配されます。笑

お心遣い、どうもありがとうございます。

 

 

せっかくなので、

ここで全部クリアにしましょう。

 

 

僕のブログは、

アクセス数がどんなに増えても、

直接僕にお金が入ってくることはありません。

 

つまり、広告収入もアフィリエイト収入もゼロです。

 

アフィリエイトリンクはどこにもないので、

誰も疑いなく納得してくれると思います。

 

 

広告は、スマホだと下の方に出ているはずです。

 

これは、本当はなくしたいんです。

 

このブログには、

各記事にどれくらいのアクセスがあるのか

を解析するソフトが入っています。

 

これをチェックせずに記事を書き続けていても、

皆さんの興味やニーズが定量的に測れないので、

何かしらの方法で解析することは必要だと思っています。

 

で、現状、この無料ソフトを入れると、

スマホで見ている時に限って広告が出ちゃうんですよね。

 

きっと何かしらいい方法もあるんでしょうが、

正直パソコンに全く強くないので、

現状そのままになってしまっています…

 

スマホで見てくれている方、

見にくくてごめんなさい。

 

 

ではどういう形でこのブログが

僕に収入をもたらしてくれているかというと、

 

・プライベートフォトセミナー

・石垣島とか御蔵島とか奄美大島とかのツアー

 

の2つです。

 

 

なので、アクセスが増えるだけでは

僕には1円もお金は入らないのですが、

 

ブログを読んで話題にしてくれる人が増えれば、

セミナーやツアーに参加してくれる人も増えるので、

アクセスが増えるのは僕にとって物凄くありがたいことです。

 

これからはもっと面白い企画を、

もっとためになる記事をアップしていきますので、

引き続き「陽だまりかくれんぼ」を読んでいただけたら嬉しいです。

 

いつも応援してくださっている皆さん、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

プライベートフォトセミナー

の詳細・ご予約はこちらからお願いします!

お陰様で年内のご予約がほぼ一杯となりました。

12月なら、日程によっては何とかもうお一人

開催できるかなという感じです。

 

◆ブログランキングに登録してます。
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
(下のバナーを1回ずつクリックしてください↓)

 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 : 上出 俊作 (水中写真家)

沖縄本島を拠点に活動している水中写真家です。

これまで、写真集の出版や写真展の開催などを通して、海の魅力を伝えるべく水中写真家として活動してきました。

撮影スタイルという程でもないですが「日常を切り取る」という事が僕にとっての大事なテーマです。

珍しい生き物を追いかけ回したりせず、水中の生き物たちとかくれんぼやにらめっこをして遊びながら、のんびりと撮影しています。

「水中写真を通して共に成長し合える仲間と出会い、一緒に豊かな人生を歩んで行きたい。」

そんな思いから生まれたのが、このブログです。

自分と真剣に向き合う事の大切さを教えてくれた水中写真に、日々感謝しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

資格・所属

PADI Instructor (OWSI #827547)
PADI Digital Underwater Photographer Instructor
PADI Enriched Air Specialty Instructor
潜水士
海をつくる会(所属)

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

記事が参考になった、面白かったと思って頂けたようでしたら、応援クリックをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ

免責事項

本サイトの情報は、水中写真撮影の参考としてダイビングや水中写真に関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。